サテンドール魅力の秘密
ジャズレストラン六本木サテンドールオーナー井上社長

Vol. 37  銀座ヴィーナスとの今後の事

 

集客方法第2弾はまもなくできそうです。今、健康法の本も書いている所で大変ですが、でも頑張ります。

 

ところで何人かのヴォーカルの方から「ヴィーナスからの出演依頼がきてどうすればいいか悩んでいるのです」と相談されました。皆さんがおっしゃるにはすごく料金が上がって、あまりやりたくないということで皆さん、私に気を遣っておられるようでした。

今後の私のヴィーナスとの付き合いは以下のとおりです。

 

 ジャズ界のために、少しでもジャズの店が増えればと思った事と、オーナーから要望があったのもあり、銀座ヴィーナスは、店づくり、またミュージシャンとヴォーカルのリストを与え、スケジュールもオープン時は私の方でやりました。

そして良心的な商売をやって頂きたいとミュージックフィ等も設定致しました。しかし、その後どんどん料金が値上がりするし、すごく高く取られたと言われるお客様も何人かおられました。

 サテンドールに出演のミュージシャンから「井上さんが経営に参加しているんでしょ」と言われました。私自身は、経営に関してはいかに安い料金でお客様に楽しんで頂けるかという事を信条にし43年間貫いてきましたので、そのように思われるのは心外です。

 またヴォーカリストの方達も、私が経営に関わっていると思い無理して出演されている方もおられるように見受けられます。ですので、銀座ヴィーナスは当店とは一切関係ないということを皆さんにお知らせしようと思いました。勿論、出る出ないは皆さんの自由です。

 銀座ヴィーナスは7Fと8Fで経営しています。ここ3〜5年で立ち退きになりそうなので、それまではなんとか店を存続させてあげたいという考えでお手伝いしました。もちろん、その報酬を貰おうなどという気は無いので、店側から共同経営をして頂けませんかという話もありましたが、お断りしました。

 最後に、他にも私といつも店づくりをしている永島社長の支払いをしなかったり、6〜7年バイトをしていてやっとバーテンができるようになったTさんを引き抜かれてしまいました。そのようなことは絶対あってはならないことでルール違反です。このような経緯でサテンドールはヴィーナスと今後一切関わることはございません。

 

六本木サテンドール

井上修一