サテンドール魅力の秘密
ジャズレストラン六本木サテンドールオーナー井上社長

Vol. 32  立ち退きの事・続編&最新ニュース UPしました

・立ち退き
立ち退きの件は、いよいよ8月末確定、9月7日和解、9月13日調印という流れになりました。日に日に22年間楽しい日々を過ごした今の店との別れが悔やまれます。もう約束したことなので今更あと8年間やるとはいえないです。多くのミュージシャンからも悲しみの言葉をいただいています。昨日、予約メールの最後に「何が何でも移転再オープンして下さい。20年超のサテンドールファンより」というお客様から嬉しいお言葉を頂きました。現在考えているイベントは12月30日「涙、涙のさよならパーティー でも楽しく盛り上がりましょう」というお客様とミュージャンで楽しみたいと思っています。もうこの場所も最後になるということでミュージシャンも最後に出演を希望される方がいますが、その選定には非常に考えさられています。
本日8月27日ですが、24日アンドレア・ホプキンス(米国人ジャズ歌手)から出演依頼が来ました。私自身ヴォーカルはなんといっても黒人歌手が大好きで、アンドレアも素晴らしい歌手ですが、12月15日の出演依頼でしたので、もう何日も残っていないので、私も聴きたいと思いましたが、残念ながらお断りしました。
昨日、藤田佐奈恵さんがオールオブミークラブへ出演ですが、少し時間があるという事で顔を出したのですが、彼女も非常に頑張ってサテンドールに貢献してくれている一人なので、彼女の妹とのコラボを12月にやる約束を7月頃にしていたのですが「最後にやりたい人が一杯いるでしょうから私たちはやらなくてもいいですから」という気遣いをしてくれる人です。彼女とも10数年の付き合いですが、まったく欠点がない常識人です。余談ですが、3,4日前に誰か忘れましたが、ボーカルリストが「藤田さんとは関係があると聞きました」と言われました。それを彼女に話すと「二人で飲みに行ったこともないのになんでしょうね」という事で、二人で大笑いでした。私が「人間的には好きだけどタイプじゃないから」と言ったら怒っていました。勿論、ジョークです。皆さんとは仕事上の付き合いなのでそのような事は考えられないのですが、今回のことで、いろんなことを人は考え、本人が知らないところで噂になるということが事実のようです。

・最後の記念ライブ
なんと12月13日に私のワンマンライブを企画しました。
幼い頃からシャイであがり症であったのがステージで歌いはじめてから変われば変わるものと非常に自分自身驚いています。
しかもバックは大山日出男さん率いるシクステットで12曲を歌うつもりです。今のサテンドールがラストという事で記念に亜細亜大学教授の鈴木泉さんにビデオも撮っていただきます。
このライブの最後には3管をバックにホレス・シルバーの「ザ・ケープ・バーディアン・ブルース」を以前お話したように歌詞を考えて、それをランデル洋子さんに英語に直して頂き、まだ手直しが必要だそうですが、やっと完成しました。
題名は「貨幣をなくして世界を平和に」仮題です。これを本にしようと考えていますのでざっと内容を書きますので、皆様のご意見をお聞かせ願えればと思っております。
おもしろい内容であれば、その本にも入れさせていただこうと考えております。

『貨幣をなくして世界を平和に』
若い頃から世の中の不正に対して憤りを感じていました。そして、常にそのことが頭をよぎっていました。日本の政治家たちは、これまで私が見てきたところ、本来国民のために、そして日本のために尽くすべき所が自分たちの私腹を肥やすことばかり考えているようです。もしもまともな政治家がいたとしても一人だけご清潔がいてはみんながやられてしまうので、必ず同じ穴の狸となるはずです。この考え方からすれば一人もまともな人はいないという事になります。

私の場合は10代の頃より、そのような考えでしたので、20歳になって選挙投票へ行く時はいろいろ考えた結果、共産党の人たちなら悪い事はしないと確信をもち、ずっとこれまで共産党一本できました。政権が自民党から民主党へかわるかどうかのときは、かなり悩みましたが、よくよく考えてみれば大半が元自民党員でできている民主党なので、政権がかわっても一緒であると判断しました。勿論、共産党が政権をとることはありえないでしょうし、アメリカとの問題など、様々な問題が生じるでしょうし、共産党という名前のイメージも悪すぎると思います。

このような事を常に考えていた所、今から約30年前友人と御殿場のゴルフ場へ行くことになり、海老名のパーキングで待ち合わせしていました。その時にお茶を買おうと自販機に100円玉をいれたときの事です。『あれなんでお金があるんだろう、なければ盗られる事もないし悪人は生きていけないのではないか』と一瞬思いました。
勿論、貨幣をなくすだけであって通貨は存在します。お金は生まれた時に自分の口座があり、その出入りは国でキチンと管理されます。使う時は手の指紋か何かで使われる事になります。

貨幣をなくすことによる、メリットを箇条書きにします。
・全ての盗むという行為がなくなる。
・脱税、収賄などもできなくなる。
・  〃  ができなくなることにより、国の無駄な経費もなくなり、国税が増えることにより、消費税をなくしたり、税金も減らせる事ができるはず。
・おそらくセックス産業に従事する人達は納税していないはずで、このお金が全て税金をとれるようになればすごいお金になる。
・やくざという職業が成り立たなくなる。ほとんどが怪しいお金であるから犯罪がすぐあぶり出されやりようがなくなる。
・悪い政治家もいなくなる。
・犯罪をおかせばその人の口座がストップされるので、逃げようがないのでカッとなってやってしまったという事以外、犯罪者が生まれにくくなる。
[問題点]
常にその上手を行く悪事を考える人がいるものです。現在、考えられる事はチケットや貴金属を買い、相手に与え、それを換金するという方法です。しかしその様なものを売るときは買ったという前歴がない場合引っかかってきますので証明する必要があります。このシステムに変わる時には全ての人の持ち物は国に知らせる事になります。
このシステムが世界に波及して世界中が平和な日が訪れるといいなぁと思いをはせています。
尚、私の考えでは古賀茂明さん、池上彰さん、志位和夫さん、小林節さん、鳥越俊太郎さん達ならば、素人考えですがきっと「世界平和党」を立ち上げて成功へ導いて頂けると思っています。

12月13日の前に9月11日のサテンドールオールスターズで4曲歌います。曲は「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」「ムーンライト・イン・バーモント」「エンジェル・アイズ」そして「アイム・イン・ザ・ムード・フォーラブ」をピアノの佐藤由佳さんとデュエットします。やる事が多すぎて目下大苦戦中です。

・その他のニュース
ジャズ&ワインバル「銀座ヴィーナス」は無事8月22日にオープンして料理も美味しくてなんとなくやれそうと感触をつかんでいます。

サテンドールでバーテンダーとして手伝ってくれていた荻野さんの和洋バル「さかえや」が10月3日にオープンします。この店も全面的にバックアップしていますので、オープン前にお知らせしますので、皆さまの応援をよろしくお願いします。

10月1、2日の両日はお父様が亡くなり、母親の面倒をみるために退職した佐藤元店長のいる山形県鶴岡市にお客さま、ボーカル希望者で会いに行ってきます。みんなで山形の美味しい魚を食べ、夜はカラオケで盛り上がります。佐藤元店長と会えることを大変楽しみにしています。

いよいよ、22年の幕を閉じる現サテンドールですが、12月はパーティーが、土・日・祭日の昼夜全て決まってしまいました。11月6日がまだ空いていますが、それ以降は休みなしとなります。勿論、社員は休みは月に7回はありますが私は休みなしでガンバリます。そういえば一昨年も11月10日から12月末まで休みなしでした。
まだ、11月は少々空きがありますのでよろしかったらよろしくねー(マリーンのいつものフレーズです)